マイプロテイン

【ザバス】ココア味がまずい具体的な理由と美味しく飲む(食べる)方法を教えます!

画像引用元:ザバス公式サイト

ザバスのプロテインは、国内でも非常に人気が高いですよね。

国産メーカー(meiji)の安心感もあるのでしょう。

しかし、ザバスのココア味に関しては、実はあまり評判が良くないんです。

このように、シンプルに「まずい」と言われることが多いです。

「まずい」と言われる具体的な理由を探りながら、「ではどうすれば良いか?」を合わせて紹介します。

「これから買う予定だが、評判がイマイチで迷っている方」や「大量に買ってしまい、なかなか消費できない方」は、本記事を参考にしてみてください。

【ザバス】ココア味がまずい理由

「まずい」と一言で言っても、どうまずいのか?
味覚は各々の主観によりますので、評判の悪いポイントを具体的に探っていきます。

まずい理由①:溶けにくい

まずい理由1つ目は溶けにくいことです。

簡単に溶けると書いてあったのですが全然溶けずドロドロになり、味も不味いのに甘すぎるので砂糖の量が多いんだと思います。

楽天市場商品レビュー

プロテインにおいて「溶けにくい」ことは、非常にマイナスポイントです。

粉っぽさが残り舌触りが悪く、ドロドロした食感でとても飲みづらいです。

口にするものなので食感が悪いと「まずい」に繋がってしまいます。

溶けにくいなら、ブレンダーボールを使うと溶けやすくなる

溶けにくさを解消するには、ブレンダーボールを使ってみてください。

ステンレス製の小さなボール(泡立て器)をシェーカーに入れ、そのままシェイクするだけで比較的簡単に混ぜられます。

画像はザバス純正のブレンダーボールで、値段もそこそこ高いです(シェーカーとセットで6,000円程度!)。

ブレンダーボール単品なら、Amazonなどで数百円から売っていますので、気になる方はぜひお試しください。

まずい理由②:甘すぎる

まずい理由2つ目は甘すぎることです。

https://twitter.com/daizu_happydays/status/1269544367640866816?t=HnKkyxy0qRwonUq6Im9vaQ&s=19

甘さは好みによりますし、甘党の方であれば嬉しいポイントかもしれませんが、甘すぎることがマイナス評価の一因でしょう。

甘すぎるとそれだけで重たく感じますし、重たいとのどごしが悪くゴクゴク飲めないですよね。

ましてやトレーニング後であれば、口の中の水分も少ないため、なおさら飲みにくいでしょう。

甘すぎるなら、無調整豆乳で混ぜるとマイルドになる

プロテインを混ぜるものは、水・牛乳・豆乳が一般的です。

その中で、無調整豆乳は砂糖不使用のためまったく甘さがありません(この豆乳は大豆感が強く好みが分かれますが、サラリと飲めます)。

水だけでは、ココアの強烈な甘さが緩和されないのですが、豆乳が混ざることでとてもマイルドになります。

調整豆乳は砂糖が入っているため、甘さがあまり緩和されません。ご注意ください。

豆乳が好きな方は、ぜひお試しください。

まずい理由③:類似品とのギャップ

まずい理由3つ目は類似品とのギャップです。

ここまで明記はしていませんでしたが、「まずい」と言われるココア味は、ホエイプロテインのココア味です。

ミルクプロテインは評判が良い

画像引用元:ザバス公式サイト

ザバスでは、このホエイプロテインの他に、同じ牛乳由来のプロテインとしてミルクプロテインを販売しています(ミルクプロテインのパックをコンビニなどで良く見かけますよね)。

実はこのミルクプロテイン、美味しくて評判が良いんです。

ミルクプロテインからホエイプロテインのギャップ

1回分がパックになって売られているため、気軽に購入できることもあり、プロテイン初心者などはミルクプロテインから入ることも多いでしょう。

また、出先など、粉の大袋を持ち歩けない場合は、このパックで気軽にタンパク質を摂取できます。

しかし、プロテインを毎日飲む場合は、ミルクプロテインのパックは割高です。

そこで登場するのがホエイプロテイン(の袋)!

同じココア味なので期待値も高めになりますよね。

ホエイプロテインから始めればそこまでではないかもしれませんが、ミルクプロテインからのギャップがあることで、より「まずい」と感じるのでしょう。

この場合は、残念ながら対処法はありませんが(「なるほど!」という気付きに留めてください)、この記事を読むことで期待値を下げておいてください。

まずい理由④:味が薄い

まずい理由4つ目は味が薄いことです。

かなり辛口なコメントもあります。

味付きのプロテインでその味が薄かったら、非常にガッカリしますよね。

味が薄く、さらに粉っぽさが残るとなると、「まずい」を容易に想像できます。

味が薄いなら、牛乳か豆乳(調整版)で溶かすと飲みやすくなる

ココアの味が薄いのであれば、牛乳や豆乳で甘みを足すと飲みやすくなります。

ここで混ぜる豆乳は調整豆乳をオススメします。

「調整」豆乳は砂糖を使用しているため、砂糖の甘みと乳製品の濃さが相まって、とても飲みやすくなります。

志向を変えて、パンケーキミックスに混ぜる

特に女性に多いと思いますが、プロテインをそのまま飲むのが厳しい場合は、ホットケーキミックスなどに混ぜて、ケーキやクッキーなどのスイーツにしてしまうのも1つの手です。

https://twitter.com/merciyou2/status/1257618991683497984?t=DNl-hW-WleltLxQdk9hAtw&s=19

ホットケーキミックスであれば、元々の味の濃さがありますので、プロテインのココア味自体が多少薄くても、まったく問題ありません。

アレンジもしやすいため、大変オススメです。

まとめ

ザバスのココア味を「まずい」と感じる理由を深堀しました。

実際にまずいかどうかは人それぞれですが、まずいと結論付けるには、それなりに理由があります。

  • 溶けにくいブレンダーボールを使う
  • 甘すぎる無調整豆乳で混ぜる
  • ミルクプロテインとのギャップ→どうしようもありません(強いて言うなら、この記事を読んで期待値を下げる
  • 味が薄い牛乳や豆乳で混ぜるホットケーキミックスに混ぜてケーキを作る

「まずい」と言っても、それぞれに対処法がありますので、食わず嫌いをせず、ココア味もぜひ一度お試しください。

-マイプロテイン